おいでやす

tonomitera.jpg

なにかございましたらこちらにて

名前:
メール:
件名:
本文:

counter

online

現在の閲覧者数:

かうんた

free counters

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜに今、夫婦別姓の提訴っ?!

夫婦別姓を求め 5人が初提訴へ

なんかこれ、後ろに黒い影を感じますよ。

臭う、臭いますわよー

夫婦別姓にして、誰が得をするのか?

何のためにするのか?

選択的夫婦別姓は本当に必要なのか?


ちょっと考えてみておくんなましな。

民主の子供手当てだとか、この夫婦別姓とかとかってね、実はその昔の旧ソ連ですでに社会実験済みなんすよね。

結果はどうなったのか・・・


今の民主がやろうとしていることは、世界のどこかですでに実験済み。そしてそれらはヨロシクナイ結果がもたらされているのですね。

よく、便利だからとか言う人がいるけど、国というのは個人の便利のためにあるのではないのです。

選択だからいいじゃん!便利じゃん!

私には、便利だなんだのためにしては高くつきすぎるものだと思うんですけどね。


夫婦別姓論者の真の狙いは何か

 その結果はどうなるか。かつて事実婚を公認した唯一の国家であった旧ソ連の実験を左に紹介したい。以下は、ニコラス・S・ティマシエフ(Timasheff)の「ロシアにおける家族廃止の試み」という論文(N.W.Bell"A Modern Instrucion to the Family"1960 N.Y.Free Prees所収)による。
スポンサーサイト

なかつりチェック

けんさく

よろしかったら

人気ブログランキングへ

く~ぽ~ん

くりっくで漫画よめます

かいしゃにゅーす

痛いにゅーす


フィリピン留学

ナショジオにゅーす

1,659円から創れる写真集


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。